2012年02月20日

ハニー大木さん引退IN生主ハウス

emi71.jpg

生主さんのハニー大木さんの引退式が先日生主ハウスにて行われました。

私自身は絡んだ回数は少なかったのですが、やっぱり少し寂しかったです。


引退かあ・・・・・・・・・


私はいつまでやるんだろうな




引退ということで急きょ行われた断髪式とゲーム大会



  
posted by EMI at 07:27| Comment(35) | TrackBack(0) | 日記

ロッテFit'sダンスコンテスト優勝

ブログ長らくサボってすみません。

めちゃくちゃ古い話で今更感がスゴイですが、
ロッテさん主催のフィッツダンスコンテストでなんと優勝しました。

↓結果発表↓
http://lotte-fits.jp/dance/announcement.html

一緒に踊って下さった方はニコ生主でもありプロ格闘ゲーマーでもある
総師範KSKさん。

私のリスナーだけではなくKSKさんの強力なリスナーさん達があっての優勝でした。

おまえら本当にありがとう。KSKさんリスナーもありがとう!

私は当時友人宅に居候の身分だったので、
賞金は引っ越し費用に使わせてもらいました。

KSKさんはリスナーへの還元としてゲームの大会費用に使うそうです。
それより自分の借金返せよ出来た人や・・・
posted by EMI at 06:57| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月23日

ニコ生自主制作映画 Y Do You Step に参加しました

ニコニコ生放送の生主だけで映画を作ろう!という自主制作映画に参加させてもらいました。

ニコ生映画 Y Do You Step 視聴

Y Do You Step 公式サイト

STAFF.JPG


撮影日記みたいなのをつらつらと長文で書こうかと予定していたのですが
めんどいので省略。
カンタンに言うと怒涛のようなスケジュールでぼぼ全員が不眠不休な撮影でした。

自分は演劇の経験も無く、とにかく最初は緊張しました。
とにかく演技がヘタで本当にすいません。というより、とても悔しかったです。

撮影中は色々写真を撮られていて、ドキュメンタリー用に動画も14さんとかが撮影してたんですが
まだ手元に無いので手元にある画像だけ貼っておきます。

IMG_0030_縮小.jpg

14さんと。これだけ見ると一体何があったんだ的な画像ですね

IMG_0082_縮小.jpg

14さん、オカイラブさんとレザボアドックス風にして遊ぶ。


K-Groupのみなさん、貴重な体験を本当にありがとうございました。

ちなみに映画はCDに焼いてカーチャンに送ります。
posted by EMI at 20:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月12日

ヘンなWEBマガジンに取材されたよ

今更ですがとあるヘンなWEBマガジンに取材を受けました。
2011年4月16日の誕生日配信の時です。

WEBマガジン VOBO(ボボ)



vobo.jpg





取材自体はとても面白かったです。
これ、取材中もずっとニコ生で外配信してたんですね。
そういう要望だったので。
「外配信している姿を取材したい」とのことで。

記事を読んで貰えば分かるのですが、リアルタイムでのリスナーのコメントも記事になっています。
ネットでの生放送を記事にするって、これってもしや史上初では。
そりゃニコニコ動画関係の雑誌とか、ニコ生で起こった出来事を記事にするとかそういうアレだったら取材はたくさんあるだろうけど、
この場合は「放送してる姿を取材する(リスナーも含め)」です。
さらには、一般人に向けての記事ですから、
ネットの生放送という文章化するのがすごく難しい題材を一般人にどう伝えるのかっていう部分で
記者さんは非常に苦戦しながらも熱心に取り組んでくれていたと思います。

この時の放送のリスナーのみなさん、
そしてリア凸して下さった方々
ありがとうございました。人生で最高の誕生日だったんだぜ。

VOBOチームさんもありがとうございました。
フランケン(記者)・ハゲラマン(カメラマン)さん。
ちなみにフランケン・ハゲラマンというのは取材中にリスナーが命名した名前だ。勝手に使うな。使用料を払え。

こういう、新しいことっていうのは何でもダイスキです。

------------------------------------

後日の余談

フランケン記者さんから電話がありました。
なんでも団鬼六氏がお亡くなりになられたとのことで、
追悼の言葉を集めているとのこと。
んで、配信者で団鬼六氏に詳しい人を知らないかとのこと。

そん時もちょうど配信中(ステカム)だったのでリスナーにその場で聞いてみたところ
「横山緑」の名前が出たので、紹介してみました。
その数日後・・・

midori.jpg

載っとる。


緑さん、本当にありがとうございました。多謝。
団鬼六氏追悼記事
posted by EMI at 17:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月08日

生主討論会に出たんですよ

emi_hiroyuki.jpg

ニコニコ生放送の生主討論会2に出たんですよ。

討論会はプレゼンターとして出たのですが、
壮大にスベった記憶がうっすらと残っているので
動画とか各地に上がってるんだろーけど検索しないで下さい。

自分は初めてPCを買ったあの日から長いこと2ちゃんねらーをやっていたので
ひろゆきに会えたのは感慨深いモノがありました。
ねらーの時は名無しで「くちびるおばけ」とか書いてたわけですが
実際会ったら本当に飄々とした人で
それはもう飄々としすぎていたのです。

リハーサル中に友人からメールで
「あめぞうの頃に恨みがあるからケツを蹴ってきてくれ」
と言われましたが、
パネルで頭を叩いたのでそれで簡便してほしいと思う。

それは置いておいて、色んな生主の人にも会いました。

討論会に来ていた生主達は一人の例外も無く放送に対して胸がいっぱいの人でした。
口に出して言っていたわけではないけど、そう感じたのです。
自分も、配信が好きなわけですが、
自分の周りには「配信が好き」オーラ全開の人間はあまり居ないので、
(きっとそれが普通だろう)
あの場の空気は、要するに、異常に嬉しかったのです。
嬉しかったんですよ。

ひろゆきさん・横山緑さん・石川典行さん・力也さん・コナさん・エリックさん・百花繚乱さん・二宮係長さん・けんちゃんさん・ハニー大木さん・片桐えりりかさん・鮭梅子さん・オスカルさん・ナオキ兄さんさん・パゥンさん ゲストの方々 スタッフの方々
ありがとうございました。
というかなんかすいませんでした。

ぼる7さん パネル投げてマジですまんかった。反省はしていない。
投げ返してくれて、嬉しかった。

本番生放送見に来てくれたリスナーさん達もありがとう。いつもありがとう。

おまけ

ankoku.jpg

↑本番前にゲスト席がみんなでワイワイやってる中、
 何故か本番席で単騎で30分以上座っている暗黒の人。
 台本をチェックしているとかそういうのではなく、
 単に両手を膝に置いて座っているだけだった。
 とりあえずシュールな人だと思った。
posted by EMI at 15:22| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月05日

ミンサガ語り_真サルーイン倒したよ

minsaga.jpg


今更ですが、去年の秋ごろに真サルーイン倒しました。
11週目ぐらいだったと思います。

真猿は全キャラクリアしてから望もうと思っていたので
かなりの周をやり込みました。

真猿、マジで強かった・・・・・・・・
80回ぐらいで倒しました。

んで、倒し方。
ロザ術5人でOD連発というクソ戦術でやりました。

いやしかしですねえ、ODはチートとかよく言われますが
OD使ったって勝てねえよ。
鬼のように強かったよ。真猿は本当に強い。

あと、合成術自体使い始めたのが3週目ぐらいなんですが
OD自体がすごく好きで使うのにハマってしまいました。
OD使うためのBPをボス戦で蓄積するのがスリルあるんだよ。
OD役のキャラを何ターンも死なせずに生かしておくってだけで大変なんだから。

武器はキャラごとに固定させるのが好きなので、完全固定。
基本戦術としては、
第一形態で出来る限り補助魔法で準備しておきながら
なるべく早く叩きのめす。
それだけでもめちゃくちゃ大変なんだけど。

無事第二形態に行ったら
即座に聖杯で全員BP満タンにする。
満タンにした直後に連続ゴッドハンドとか来ちゃうけどもうそんなの茶飯事。
で、
ジャミル:OD→変幻自在・変幻自在・変幻自在・変幻自在・変幻自在
ダウド:OD→不動剣・不動剣・不動剣・不動剣・不動剣
グレイ:OD→ヴァンダライズ・ヴァンダライズ・ヴァンダライズ・ヴァンダライズ・ヴァンダライズ
アルドラ:OD→リヴァイヴァ・リヴァイヴァ・リヴァイヴァ・リヴァイヴァ・リヴァイヴァ
ホーク:OD→アッパースマッシュ・アッパースマッシュ・アッパースマッシュ・アッパースマッシュ・アッパースマッシュ


こう書いたらまるで楽勝のように見えるけど
実際はここまでスムーズにやれるターンなんかほとんど無い。
ていうか、こんなターンがやれる隙があったら脳汁出まくり。
実際はOD→癒しの水・癒しの水・癒しの水・癒しの水・ODw だの
そんなのばっかり。

LPをリヴァイヴァでやたらに消費するアルドラは早々に死にます。
アルドラが死んでからはもうヤケクソ。
聖杯も切れてODも出来ないので死に物狂いでボコります。
最後は2人ぐらいしか生き残ってなかった気がする。

ツイッターでリアルタイムでかなり発狂実況していたんですが、
ブログのほうでも報告しておきたかったので。
HPは平均600ちょい、武器防具はそんなレア品や特殊改造はしてませんでした。
ていうか、レア品や改造だけで拷問準備すぎて、もうなんなのこのゲーム。

ほんとに最高に面白いゲームです。
こんだけやっててもまだやりたいもんね。
真猿倒してからが本当のミンサガとか言う人もいっぱいいるけど、まさにそんな感じ。
何十年でもやれるゲーム。
ただしゲームはリアルに支障が出すぎるので自重しなければ。特にサガ系。

もちろん、カーチャンもずっとゲームを見ていました。
真猿倒した時は、
「すごいねえーー!なんかもったいないね、録画とかしておきたいよね」
とか言ってました。
いやいや・・・・・・・・
OD連打で真猿倒した動画なんか録画しても恥かくだけさ。
でも、録画というか、全ての戦いが本当にロマンシングだったよ。
シェラハ戦なんか戦ってる最中に泣いちゃったしね。

サガはプレイヤーの数だけロマンシングがあるよね。
posted by EMI at 19:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月06日

配信活動再開しました

emi60.jpg

今更すぎますが配信活動復活しました。

実家に軟禁されていましたが、カーチャンとリア友の協力により
家を脱出することが出来ました。

軟禁生活中はネットが剥奪されており、
部屋にも鍵とかかけられる始末で
クソ親父のDVも過激になるばかりで、
仕事などはカーチャソの車での送迎、
食事もカーチャソが閉じ込められてる部屋まで持ってきてくれるよーな状況でした。

そんな中唯一の外部との関わりがツイッターで、
昨年1年はツイッターのみなさんに本当に支えられてました。
全部に返信することは出来ませんでしたが、
1つ1つ全部に元気を貰っていました。

ツイッターのフォロワーのみなさん、遅すぎましたが、
ほんとーにありがとう!!!

あと、リア友もありがとう。この恩は一生忘れないんだぜ。

そしてカーチャン、一生大好きだぞ。

母や友人達にも相談に乗ってもらい、
父親と離れるのがBESTというFA的になり、
何故か分籍までしました。
本籍は今東京になりました。

今は東京の女友達の家に居候させてもらってます。
東京に戻って今日で一ヶ月ですが、就職も決まり、
今日が初出勤です。

配信も出来て、仕事もあって、趣味も出来て、
とても幸せだと思います。たぶん。

今まで応援してくれていたリスナーの方々本当にアリガトウ。
そして新規で放送見てくれてるリスナーさん達もアリガトウ。

これからもよろしくお願いします。

っていうかあけましておめでとうだよな。時期的に普通。
posted by EMI at 06:24| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月29日

ミンサガ語り〜1週目ジャミル〜

〜あれから3年後〜

私はガチニートに成長していた。

ふとある日思い出したんだ。ミンサガのことを。

3年前は会社勤めだったけど、今この大切な何も無い生活をミンサガに使わなくてどうするよ?
というわけで、3年前の柏木部長のデータを上書きし、
再度ジャミル主人公で挑戦することにしたのです。

〜1週目 ジャミル〜

今度は詰みたくないと思って、ちゃんと人の話を聞くということを徹底してみたよ。
光るチンコ少年のイラつく説教も謙虚な態度で聞いた。
クラス・スキルの関係、HPとLPとBPとEPという存在とか、
このゲームの基本的な知識を頭に叩き込んでプレイ。

ある意味これが初プレイ状態で、
各種イベントやストーリーが面白くてしょうがない!
ブサイクなグラフィックにも慣れて、いつの間にやらキャラクターも大好きになっていた。

3年前と1点違うのは、両親の監視のもとでゲームをやっているという状況だ。
親的には部屋に篭ってインターネットをされるよりも
目に映る場所でゲームをやってるほうが安心するらしい。

だからゲームをやっていると常に両親から突っ込みが入るのだ。
ピュアなカーチャンは、綺麗なグラフィックと戦闘画面に惚れ惚れしている様子。
親父は、
「南エスタミルwwww なんかどっかでありそうな地名www」だの
「これって世界遺産の○○をパクっとるね」だの
夢をぶち壊しにする発言が目立つ。
イトケンの音楽に対しても「80年代フュージョンぽいな」だの。
それにはかなり同意で、「だよねこの人絶対そのへんに影響受けてるよね」と私も同調した。

カーチャンは戦闘を見るのが好きなようで、
「ジャミル強いけど、ホーク弱いね」とか、
ざっくりした感想をのべてくるので、
私も調子にのって解説してあげたりする。

私「HP LP BP って書いてあるじゃん。」
母「うん。」
私「HPはパワーよ。んで、HPがゼロになると、LPが一個減るの」
父「Lはライフの略か」
私「そうそうライフポイント。そんでね、このBPって所が重要なのよ。
  BP 13/23 + 4  ってなってるでしょ。
  これはターンってのがあって、うんたらかんたら」
母「ポカーン」
父「○○だな。」(←なんか専門用語を言った記憶があるけど、覚えてない。とりあえず親父は理解が早かった)
母「じゃあ、数学とか出来る人じゃないと難しいねえ」(←天然)


そんな環境の中、1週目は3年前と違ってイベント盛りだくさんで、
けっこう本気で感動した。
特に神々の関係と、運命論的な世界観がたまらんかった。
最終試練で詩人が出てきて実はエロール神でしたってオチがたまらんく好き。
詩人=神 ってのは元々知ってたけど、ちゃんとプレイするとグッと来るものがある。
神々の戦いに巻き込まれて、エロールに人間が道具にされている的な、
でもエロールは世界を愛してる的な、なんかそんなもうアレよロマンシング!

世界観をよくあらわしてると思う公式PV


ほんで、出しました!!!乱れ雪月花ぁぁぁぁ!!!
グレイにカタナ持たせて頑張っていたら、どっかの雑魚戦で出ました。
しかしマジで一瞬すぎて何がなんだか分からなかった。
この技は動画とかで上がってるやつ見たほうがいいなって思った。
実際そんな強いわけでもないし、完全にロマンシング技だからね・・・

で、初めてサルーイン戦を体験したわけですよ。
サルーイン戦ってだけでも感動したけど、倒した時はもっと感動した。
エンディングはちょこっと泣いた。
1週目だからか、思い入れが強すぎて、
今まで関わったイベントがスタッフロールで出てくるところでちょこっと泣いた。
1週目は40時間ぐらいでクリアしました。


1週目終わり。
次回予告:
グレイの古刀イベントと親父とのガチバトルでPS2が壊れて小指が折れる
posted by EMI at 21:30| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月24日

ミンサガ語り

ロマンシングサガ・ミンストレルソングというゲームにハマっています。
ちょっともうたまらんので存分に語らせてくれ。
現実とはあんまり関係ないけどさ。

minsaga_01.jpg


元々3年ほど前に、ジャケ買いしたこの作品。
ジャケットかっこいいやん。
ロマサガシリーズはなんとなく知ってる程度で、
でも難しいのでクリアしたことはなかった。
そんな中、ロマサガってことと、ジャケットがカッコイイって理由だけで買ってみたゲーム。





プレイしてみたらまずオープニングが山崎まさよし。
オラおどれえたよ。
そんで、なんかすごい良さげな雰囲気をかもし出しまくってる。
一瞬で好きになってしまった。


minsaga_03.jpgそんで、次にキャラクター選択画面。
粒ぞろいのブサイク達。
こんなかで選ぶんだったらコイツしか居ないだろ、って感じで
ジャミルを選択。
名前は「かしわぎぶちょう」にした。
(柏木部長は、昔好きだった勤め先の会社の人。)




ネットでスーパープレイ系の動画とかを見るのが好きで、
ミンサガに関してもにわか知識はあったので
「乱れ雪月花出したい(*´∀`)」
「サルーインかっこいい!(*´∀`)」
「殺してでも奪い取りたい(*´∀`)」

とロマンシングを求めてワクワクしながらゲーム開始。


開始直後、何をしたらいいのかさっぱり分からない。
柏木部長(ジャミル)がなんか相棒と泥棒している。
んで、なんか町に放り出された。
RPGだから武器防具を買おうかなと思ってもお金がぜんぜん無い。
ウロウロしていたら町の下水道的な所に迷い込んだ。
敵が出てきた。
いきなり全滅した。
意味が分からない。

再度開始して、町の中をウロウロしていたら
今度は乞食のガキに金を取られた。
さらにはカツアゲに喧嘩を売られた。
それはかろうじて勝利したものの、敵に買ったのに、お金がほとんどもらえない。

はっきり言って、リアルの人生よりも厳しいゲームなのだ。
だってさ、リアルで日雇いのバイトとかしたら数千円ぐらいはどうにか手に入るでしょ。
これ、モンスター倒しても、10円とかだもん。
体力減って、武器も壊れても、宿に泊まるお金も貯まらないんだよ。

しかも、これからどうしたらいいのか誰も教えてくれない。
決まったストーリーが無いのだ。

そうだ、町の人にいっぱい話しかけよう、と思い立ち、
寄ってくる乞食やヤンキーにボコられながらそれでも涙目で町を放浪していたら、
なんかチンコが光っている子供が上から目線でこういう風なことを言った。

minsaga_02.jpg「人から頼みごとをされて、それを解決するとストーリーが進むよ。
 でも弱い人は頼りないって思われるから、まずは強くならないとね(ワラ」


無茶苦茶言いやがる。
もう戦う体力も残ってないのに。

それでも、それを聞き、とにかく敵と戦って強くならないといけない事が分かった。


それから、がむしゃらに戦ったさ。
何度全滅したか分からない。
それでもとにかく戦ったさ。

途中、イベントらしきものがあったような気はする。
でも、そもそもストーリーが分からないので本当にこれでいいのか分からない。
とにかく、チンコが光ってるガキの言う通り、いっしょうけんめい戦った。
ある時はジャングルで、ある時は地獄のような迷路みたいなダンジョンで、
何度も何度も詰みかけながら、それでも戦った。

ある時気がついた。
敵が異常に強くなっている。

自分も強くなってはいるが、敵も尋常じゃないぐらい強くなっている。

なんて酷いゲームだ!
頑張って強くなっても、その分敵も強くなるなんて、イジメとしか思えない。

これって無限ループじゃね?どこまで行けばいいの?と思いながらも、
それでも光るチンコ少年の言葉だけを信じて、戦い続けた。

そんなとある日、柏木部長(ジャミル)が戦闘中にこう言った。


「いい加減サルーインをしめねえと、敵がどんどん強くなるぜ」



あれ?


サルーインって、ラスボスだよね?(ネットで得た知識)


唐突になんでそんな話になるの?
今まで「サルーイン」って話題のイベントなんか出たこともないのに。

要するに、戦いすぎて、もう最終段階まで来てしまったのだ。
ロクなイベントを経験することもなく。

そもそも、雑魚戦がすでに大変なことになっている。
さながら第二次世界大戦みたいな。
連携やら陣やらが発動しまくり、ド派手なエフェクトでテレビが壊れんばかりの勢い。

どこに行っても、死闘。
どこへ行けばいいのかもわからず、それでもあっちこっちウロついて、
どこへ行っても雑魚と大戦争。

「いい加減サルーインをしめねえと、敵がどんどん強くなるぜ」
「いい加減サルーインをしめねえと、敵がどんどん強くなるぜ」


柏木部長(ジャミル)はそう言い続ける。うざい。


私は投げ出した。

憧れの乱れ雪月花とも、サルーインとも出会うことなく。

それが3年前の、ミンサガとのファーストコンタクトだった。つづく。



posted by EMI at 16:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月14日

近況

ブログ更新できずすみません。
最近は、劇的にテンションがガタ落ちしてしまって
ブログやらなんやら書く気力も無い日々が続いてました。

ツイッターのダイレクトメールや
ステカムのメール等、全部返信できてませんが
とても励まされています。
ありがとうございます。

実家にいる限りは配信は完全に無理になってしまったので
働いてお金ためようと頑張っています。
色々意見はあるでしょうが、私もよく考えましたが
やっぱり家は出ないといけないし、
今のところは配信が好きなようです。


1歩でも前に進めるように頑張って行きたいと思います。
posted by EMI at 00:17| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記